ゲームの作り方を高校生で学びたい!

中学生で将来ゲーム制作会社に就職したいと進路を決めている人は、ゲームを作る為の基礎知識が必要になってきます。また、知識だけでなくゲーム作りに必要なスキルも身につけなければいけません。独学で勉強する事も可能ですが、ゲームを作る為には専用のパソコンソフトが必要になるので、自分で購入するにはとてもお金がかかります。なので、技術や知識を付けたい人はゲーム制作の技術を学べる専門学校に行くのがおすすめです。専門学校にはゲーム制作に必要な設備が整っており、ゲーム制作に詳しい講師がいます。また、専門学校の中には、高等部のある学校もあり、学校に通いながら資格を取得する事も可能です。

ゲーム制作専攻で取得できる資格の種類

  • 情報処理技術者
  • マルチメディア検定
  • 応用情報技術者
  • C言語プログラミング能力検定

若いうちから学びたい!高校生から始めるゲーム制作専門学校とは?

ゲームする人

ゲーム制作専門学科で学べる事

ゲーム制作専門学校で学べる年数は学校によって違いますが、一年次はまずゲーム制作に必要な基礎を勉強します。ゲーム制作に必要なC言語やコンピューターの基礎知識も勉強します。パソコンに詳しくない人でも分かりやすいように基礎を教えてくれますよ。ある程度スキルが身についてくると他の専攻学科と合同で作品を制作します。コミュニケーション能力を育てながら、ゲーム制作の現場を実習を通して学んだり理解したりできるような仕組みになっています。他にも、大手企業と連携して、現場で使われているツールを使っての制作授業や作った作品を企業にプレゼンする事で、就職した時に現場で早く対応できるような力を身につけるような指導を行っています。

企業に自分の作品をみてもらうチャンスがある

専門学校によっては、年に二回企業向けに生徒の作品審査会を行っています。作品審査会には大手の企業も参加しているので、自分の作品を見てもらうチャンスがあります。ここで企業の目に留まると、大手の企業からの内定をもらえる可能性もあります。早くゲーム会社に就職したいという人は、企業向けの作品審査会のある専門学校がおすすめです。しかし審査会では、自分の作品をプレゼンする力も必要になってくるので、覚えておきましょう。

制作現場の話が聞ける

ゲーム専攻学科では、専門学校によって大手の企業の人を招いて講演会を行う事があります。最前線で制作をしている人を招いているので、ゲーム制作の裏側やゲームを作ったコンセプトなどを知る事ができます。また、普段授業では聞くことができない話もたくさんあるので、自分のゲーム制作をするヒントを見つけるきっかけ作りにもなります。

広告募集中